読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Phantasmagoria2222 blog

社会の事などについて書いています

社会運動と自己愛

このあいだ書いた、ブルーハーツとヒップホップについての文章の補足。

反差別活動をしているラッパーにECDという人がいる。Twitter等をやっている人はTL上で見かける事があると思う。

ECD(@ecdecdecd)
f:id:glassriver9999:20160421180626j:plain

そのECD氏の自伝的書籍に『失点イン・ザ・パーク』というものがあるのだが、これはSEALDs~ヒップホップのラインではなく、ドブネズミの半生を綴ったものである。

f:id:glassriver9999:20160421180800j:plain

↓の連載に詳しいが、ECD氏はラッパーになる前にはアングラ演劇やマイナーなロックの近くにいた人である。
ECD『ホームシック』~シー ンきってのアウトサイダーが辿った道程
http://tower.jp/article/series/2008/04/03/100047337

『失点イン・ザ・パーク』では、PUBLIC ENEMYとツアーを回ったエピソード、若き日の山崎春美との交流などの話が出て来るので、音楽好きな人ならECD氏のファンでなくても楽しめるだろう。

ただ、自分がこの『失点イン・ザ・パーク』から受ける印象は「自己愛の無さ」なのである。
例えば、精神病院に入院していた事が書かれている、また他には37歳まで童貞であった事が書かれている。これらが、あたかも他人事のように語られているのである。
自己卑下や自虐などのサブカル的な自己愛が存在しない。

ECD氏は、イラク反戦デモのときはアナーキストを自称していたが、しばき隊~SEALDsのラインへと活動が変化するにつれて、意図的にアナーキストを辞めたとインタビューで語っていた。
多くの活動家が政治的アイデンティティに縛られる中、ECD氏が簡単にアナーキストを辞められたのは良くも悪くも自己愛が無かったからだと考えられる。

私個人としては、アナーキストかつアルコール依存症だった時代の頽廃的作風のECD氏の作品を最も好むのである(アートとして見た場合)のだが、未来に視野を移した近年の作品も全て名作であると思っている。